小樽旅行の際の宿泊にはホテルノルド小樽


アクセスお問い合わせ

小樽運河
大正時代に沖合いを埋めて造られた全長約1140m、幅約40mの運河。
昔は北海道開拓の玄関口で、多くの物資が集散しました。
運河の南側は幅が20mで散策路が設けられ、現在では小樽の代名詞として訪れる方が絶えません。
金融資料館
"北のウォール街"と呼ばれた小樽の面影をそのままに残している、日本銀行旧小樽支店の建物。当資料館は、この歴史的建物の雰囲気を活かし、日本銀行の素顔をご紹介している広報施設です。
日本銀行が誕生以来担ってきた役割を、当時の資料をおりまぜながら紹介しています。
第2次世界大戦後から現在にいたる日本銀行券を展示しており、なつかしい紙幣をご覧いただけます。
金融資料館
旧小樽倉庫は、明治26年に建築された歴史的建造物。
最新の観光情報はここでキャッチできる。館内は無料で見学することが出来ます。
金融資料館
大正11年に三菱銀行小樽支店として建てられた欧風の建物を再利用。
「洋菓子・喫茶あまとう」「オルゴールラボ海鳴楼」「ぱんじゅう桑田屋」など
小樽にちなんだ店が揃います。
金融資料館
昭和2年に建築された小樽の代表的な歴史的建造物。
北のウォール街と呼ばれていた当時が偲ばれる。
5つのアーチが連なる外壁は、調和の取れた美しさがあります。
金融資料館
明治39年に建てられた、近世ヨーロッパ復興様式の石造りの重厚な建物。
床、壁、天井、シャンデリア、暖炉などが建築当時の状態に忠実に復元され、
小樽の栄華を今に伝えています。
金融資料館
ヴェネツィアに現存する宮殿がモデル。
故ダイアナ妃が実際に乗ったゴンドラや色鮮やかなヴェネツィアン・ガラスを展示する。
ヴェネツィア製ドレスを着て記念撮影もできます。
金融資料館

小樽水族館は小樽市立水族館として発足し、
運営を小樽水族館公社に移管された水族館です。
日本海、ベーリング海を中心に250種5000匹の魚が展示されています。
【本館】
 オホーツク海・ベーリング海の魚たちや、日本ではここしか会えないネズミイルカ
 のほか、ゴマフアザラシのほのぼのプール、海のパノラマ回遊水槽、もちろん
 クリオネや寒い北海道のしばれる海の生き物が見られます。
【イルカスタジアム】
 アシカの仲間のオタリアのおもしろおかしい小学校と
 迫力満点の豪快なバンドウイルカのショーが見られます。
【海獣公園】
 日本海の海岸をそのまま水族館にした作りで、大きな身体のトドやセイウチ、
 日本近海で見られる5種類のアザラシをはじめ、多くの海獣動物たちを見る
 ことが出来ます。
■交通アクセス
 JR小樽駅より路線バス利用約25分
金融資料館
俳優、歌手として絶大な人気を誇った不世出の大スター・石原裕次郎の素顔を紹介する。
実際に撮影で使用された衣装をはじめ、愛車のベンツ、ロールスロイス、キャデラックなど、貴重な展示物が並ぶ。
映画のワンシーンを再現したコーナーもあります。

■交通アクセス
JR小樽築港駅→徒歩10分
または小樽駅バスターミナル→おたる散策バスで38分。
  • メニュー

チェックイン(年/月/日)

チェックアウト(年/月/日)

ご宿泊室数




携帯サイトからの宿泊予約も可能です。ぜひご活用ください。スマートフォンにも対応しております。